スリランカ
  • 人気のスリランカ特集
  • アーユルヴェーダ
  • サファリ
  • ジェフリーバワ
  • 世界遺産
  • 紅茶
ジェフリーバワ

スリランカを代表する天才建築家・ジェフリーバワ。
スリランカの各地には、彼が手がけたホテルがいくつも存在します。
独自のこだわりがふんだんに盛り込まれたジェフリーバワ建築のホテルは、一見の価値があります。

ジェフリーバワとは?

スリランカが誇る、絶景建築の神様。(Geoffrey Bawa 1919-2003)

Geoffrey Bawa

ジェフリーバワは、コロンボ出身の建築家です。ヨーロッパ系の裕福な家庭に生まれ、イギリスのケンブリッジ大学に留学します。卒業後は弁護士となって一度スリランカに帰国しますが、1年半にも及ぶ海外旅行に出た後に自分の理想郷を作ろうと決意。建築を学ぶために再度イギリスに留学し、38歳のときに建築家としての活動を開始しました。

彼はトロピカル建築の第一人者でもあり、今では定番の「インフィニティプール(端が海に溶け込むプール)」の考案者でもあります。異彩を放つ彼の建築アイデアは、ラグジュアリーホテルとして有名な「アマンリゾート」にも影響を与えたそうです。ジェフリーバワは、84歳で亡くなるまで精力的に作品を残しました。


ジェフリーバワ建築の魅力

「自然・空気・建築」を一体化させる、独自のスタイル。

ジェフリーバワ建築の大きな特徴は、スリランカ独自の「文化」と美しい海や山などの「自然」を、「建築」の中に融合していること。無機質かつシャープで直線的なデザインを用いながらも、その土地の自然を最大限に活かした設計が施されているのです。

例えば、建築内部に岩山の地形を引き込んだり、時の流れと共に森の緑に覆われるような作りにしたり……。自然と建築が共生できるのは、バワならではのアイデアが盛り込まれているからでしょう。

 客室だけでなく、ロビーやレストラン、共用スペースなど、ホテルの至るところにオブジェやアートを使用したバワのこだわりを垣間見ることができます。

独創的で味わいのある建築に、きっと誰もが魅了されるはず。スリランカに訪れた際は、ぜひジェフリーバワが生んだホテルに泊まり、その独特な魅力を存分に味わってみてください。


ジェフリーバワゆかりのスポット

バワ芸術の原点に触れて、その世界観を心ゆくまで堪能。

バワ芸術の原点に触れて、
その世界観を心ゆくまで堪能。

世界中の建築家から今なお敬愛されて続けているジェフリーバワ。自宅兼仕事場、週末の別荘などのプライバシーの空間にはバワデザイン発想の原型が息づいています。バワファンならずとも、そのシックでモダンなセンスの奥深さに圧倒されることでしょう。

パラダイスロード・ギャラリーカフェ/コロンボ

パラダイスロード・ギャラリーカフェ/コロンボ

かつてバワが事務所として使っていた邸宅が、カフェとして人気を集めています。白と黒のコントラストを基調としたシンプルなインテリア、そしてアンティークの調度品に囲まれたバワのセンス溢れる空間での食事は、ファンには格別です。また、インテリアショップもあり、シンプルモダンなグッズを購入することもできます。

ナンバーイレブン(NO,11)/コロンボ

ナンバーイレブン(NO,11)/コロンボ

バワの息吹きを今もなお感じられるバワの終生の自宅兼オフィス。内と外の境界がない開放感溢れる吹き抜けからは、やさしい光と心地よい風を感じられ、 ここが室内であることを一瞬忘れてしまう不思議な空間です。真っ白な壁にアンティーク家具やオブジェ、鮮やかな色のバティック、シックな色のクッション、すべてのものが心地よく調和し、バワ精神の神髄に魅了されます。

ルヌガンガ/ベントータ

ルヌガンガ/ベントータ

「バワの理想卿」と呼ばれている週末の別荘。50年、通い住みながら手掛けてきた「楽園」の随所にバワホテルのデザインの原型が見られ、バワホテルと比較しながら見学するのもバワ通の楽しみ方です。バワにとってはまだ未完成だったとは、さらにどんな世界観をを追い求めていたのでしょうか。

ブリーフガーデン/ベルワラ

ブリーフガーデン/ベルワラ

芸術家の兄からも多くの刺激を受けたと思われるジェフリーバワ。その兄、ヘヴェスバワが手掛けて暮らしていた邸宅もバワスポットの知られざる一つとなっています。庭の木々の中に置かれたモニュメントやオブジェが不思議と緑に溶け込んでいて、自然と一体となった雰囲気は、弟のバワも影響を受けたのではないでしょうか。


ジェフリーバワ建築ホテル

HERITANCE KANDARAMA (ヘリタンス・カンダラマ) / ダンブッラ

HERITANCE KANDARAMA (ヘリタンス・カンダラマ) / ダンブッラ

1994年にKandarama Hotel(カンダラマ・ホテル)としてオープンしました。ダンブッラのカンダラマ湖の湖畔に位置します。ジャングルを抜け、ホテルに到着すると突如現れるカンダラマ湖に浮かぶシギリヤ。そんなサプライズに出会えるホテルです。ダンブッラの石窟寺院の僧侶や自然保護団体から一時は反対されたため、初期のデザインからかなりの変更が加えられていますが、洞窟のようなエントランスを潜り、やっと見えてくるシギリヤは圧巻です。

JETWING LAGOON(ジェトウィング・ラグーン) / ネゴンボ

JETWING LAGOON(ジェトウィング・ラグーン) / ネゴンボ

ジェフリーバワが最初に手掛けたホテルで、ネゴンボのホテルが並ぶ街沿いではなく、ラグーンに位置します。バワの弟子が改装して再オープンさせ、ネゴンボで唯一のバワホテルとして現在も人気です。100mの長さのプールやバワらしい洗練されたインテリアが旅の気分を盛り上げてくれます。日本のメディアでも扱われる本格アーユルヴェーダのスパも併設されており、脈診の得意な医師(ドクターCTスキャン)がいるのだとか。45分程度からのコースもあり、気軽に施術も楽しめるバワホテルです。

THE BEACH(ザ・ビーチ) / ネゴンボ

THE BEACH(ザ・ビーチ) / ネゴンボ

1984年にROYAL OCEANIC HOTEL(ロイヤル・オーシャニック・ホテル)としてオープンしました。道路とビーチの間の土地が非常に狭い中、長い海岸を有効的に利用して建築計画が進められました。バワが最も活躍していた1978年から1988年は、スリランカ政府がバワもチェアマンを務めた『スリランカ建築家協会[Sri Lanka Institute of Architects(SLIA)]』に様々な建築計画を委託していた時代。そんな時代に建てられたホテルです。

AVANI KALUTARA(アヴェニ・カルタラ) / カルタラ

AVANI KALUTARA(アヴェニ・カルタラ) / カルタラ

LTI-SINBAD HOTEL(シンバッド・ホテル)として、1996年にオープンしました。1990年代前半は、スリランカの観光ブームに伴い、第2のトライトン・ホテルとしてTHE ORION HOTEL(ザ・オリオン・ホテル)の建設計画も進められていました。しかし、1996年1月に勃発したコロンボでの暴動事件により、観光産業は衰退。ザ・オリオン・ホテルも70%ほど建築計画が進んでいたにも関わらず取りやめに。そんな中、唯一完成したホテルがアヴェニ・カルタラとなっています。

THE BLUE WATER(ザ・ブルー・ウォーター) / ワッドゥワ

THE BLUE WATER(ザ・ブルー・ウォーター) / ワッドゥワ

1998年にオープンした、2003年に亡くなったバワの最後のホテルです。バワにとって最初のホテル計画のひとつでもあった1967年のセレンディブ・ホテルのようなシンプルさに加え、幻に終わったFiji Suva Hotel(フィジー・スバ・ホテル)、そしてザ・オリオン・ホテルで成し遂げようとしていたデザインも取り入れられています。ベッドはすべて窓を向くように配置。ベッドにもぐりながらインド洋を見渡せるデザインは、バワの求めるサプライズのひとつです。

Heritance Ayurveda Maha Gedara(ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラ) / ベルワラ

Heritance Ayurveda Maha Gedara(ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラ) / ベルワラ

1976年にオープンしたホテルです。H型にデザインされており、どの部屋からもバルコニーからメインプールとインド洋を眺められるデザインになっています。このホテルで注目すべきは、バワの内装へのこだわり。Laki Senanayake(ラキ・セナナヤケ)をはじめとするたくさんの交友アーティストとのコラボレーションのほか、絵画や造形芸術、スリランカの伝統工芸品の手織り細工、バティックなどがベッドルームにちりばめられています。また、本格的なアーユルヴェーダプログラムも受けられるので、バワのセンスとアーユルヴェーダの両方を楽しみたい方におすすめです。

AVANI Bentota Resort & Spa(アヴェニ・ベントータ・アンド・スパ) / ベントータ

AVANI Bentota Resort & Spa(アヴェニ・ベントータ・アンド・スパ) / ベントータ

ベントタ・ビーチ・ホテルに並び、ベントータのリゾート開発計画の下建てられたバワの作品の中でも初期のホテルです。1970年のオープン以降、絶大な人気を得て1977年に増築。特に“シンプルさ”をとことん追求したプールサイド・カフェの天井デザインは要注目です。キャンディの木造寺院エンベッカ寺院の張りを思わせる組み方は、見ているだけで別世界へ引き込まれるようなデザインになっています。

BENTOTA BEACH HOTEL(ベントタ・ビーチ・ホテル) / ベントータ

BENTOTA BEACH HOTEL(ベントタ・ビーチ・ホテル) / ベントータ

1969年にオープンした、バワのホテルの中で最も重要な作品です。「世界中の旅行者のニーズに応えつつ、どのように自国の文化を満喫してもらい、印象的な思い出を作ってもらうか」「どのように自国の文化とコミュニティーを守りつつ発展させるか」という多くの建築家がホテル建築において悩まされるジレンマを抱えて作られたホテルは、スリランカの伝統文化を反映させ、かつモダンな滞在が満喫できる造りになっています。

CLUB VILLA(クラブ・ヴィラ) / ベントータ

CLUB VILLA(クラブ・ヴィラ) / ベントータ

1978年の作品です。1978年から1988年は、バワが小さなプロジェクトに力を注いでいた時期。特に、個人の家の改築プロジェクトや、部屋数の少ないヴィラ建築に力を入れていました。The Villa Mohottie(ザ・ヴィラ・モホティ)と並ぶこのホテルは、もともとバワの別荘として使われていた建物のひとつですが、その後ホテルとしてオープン。1990年にスリランカの建築家によってさらに改装が加えられました。

The VILLA(ザ・ヴィラ) / ベントータ

The VILLA(ザ・ヴィラ) / ベントータ

ベントータの海沿いに位置するブティックホテルで、隣接するホテル・CLUB VILLAとは同系列です。ホテル内はバワらしい白と黒を基調としたセンスのいい配色で、壁には展示室のようなアートが飾られており、ぐっとおしゃれな旅にしてくれます。海沿いの庭には目の前に線路が通っており、地元の人が利用する列車が行き来する場面に出くわしたらシャッターチャンス。絵になる風景で、スリランカでのおしゃれな大人のプライベート空間をお楽しみください。

LUNUGANGA(ルヌガンガ) / ベントータ

LUNUGANGA(ルヌガンガ) / ベントータ

1948~1998年の作品です。ベントータは、バワの建築家生活の始まり、そして終わりを象徴する場所。英国からの独立当時、バワはイタリア在住を考えていましたが、“ルヌガンガ・エステート”に惚れ込み、スリランカに残ることを決意します。そして49人のオーナーからそれぞれのエステートを買い取り、理想郷の建築が始まりました。

THE SEVEN SPIRITUAL RESORT AT BAWA HOUSE
(セブン・スピリテュアル・リゾート・アット・バワハウス) / ベントータ

THE SEVEN SPIRITUAL RESORT AT BAWA HOUSE(セブン・スピリテュアル・リゾート・アット・バワハウス) / ベントータ

1960年に建てられてからほとんど手の加えられていない、隠れ家的なブティックホテルです。静かな自然の中にあるシンプルなデザインの建物になっており、品のいい庭園ではアート気分が味わえます。バワの世界観あふれる空間で、“Seven Spiritual”の名の通り、7日間のチャクラヒーリングプログラムを受けられるとのこと。まさに、神秘的なホテルと言えるでしょう。

HERITANCE AHUNGALLA(ヘリタンス・アフンガッラ) / アフンガッラ

HERITANCE AHUNGALLA(ヘリタンス・アフンガッラ) / アフンガッラ

TRITON HOTEL(トライトン・ホテル)として1981年にオープンしました。1977年は民営化に伴い、スリランカの観光産業も政府主導から民間主導へ動き始めた時期。このヘリタンス・アフンガッラも民間の旅行会社の出資によるプロジェクトでした。道を抜けると見えてくるココナッツの木と、レセプションから見えるインド洋のデザインが圧巻です。

JETWING LIGHT HOUSE(ジェットウィング・ライトハウス・ホテル) / ゴール

JETWING LIGHT HOUSE(ジェットウィング・ライトハウス・ホテル) / ゴール

こちらも民間の旅行会社出資によるプロジェクトで、1997年の作品です。ごつごつとした岩肌を活かし、もともとの地形を上手く利用したデザインとなっています。バワの建築デザイン以上に目を引くのが、スリランカ人芸術家Laki Senanayake(ラキ・セナナケ)の手によるエントランスのモニュメント。『ランデニヤの戦い』というオランダ人の植民者とシンハラ人の戦いの場面をイメージして作られています。

CLAUGHTON HOUSE(クラフトン・ハウス)/ ディッカウェラ

CLAUGHTON HOUSE(クラフトン・ハウス)/ ディッカウェラ

1985年にFITZHERBERT HOUSE(フィッツバード・ハウス)として建てられた個人の民家を利用した、英国人夫婦によって運営されているヴィラ・ホテルです。たった3部屋しかないため、予約を取るのは困難。インド洋から上る日の出が美しいロケーションです。ココナッツの木の植え付けやプールのデザインもバワらしさが見て取れることでしょう。ヘリタンス・アフンガッラの“ミニ版”としてデザインされた民家は、今では完璧な隠れ家ホテルです。

THE LAST HOUSE(ザ・ラスト・ハウス) / タンガッラ

THE LAST HOUSE(ザ・ラスト・ハウス) / タンガッラ

1997年にJACOBSON HOUSE(ジェイコブソン・ハウス)として建てられた民家を、オーナーのジェイコブソン氏がヴィラ・ホテルとしてオープンしました。近年、スリランカでは、ラグジュアリー・リゾートのプロジェクトが進み、民家として使われていたすばらしい建築物が、次々とヴィラ・ホテルとして利用されています。バワのプロジェクトとして建築された個人の邸宅も多々あるため、これからも新しいホテルの誕生に期待が高まります。

【ライオンツアー・株式会社リオンロイヤル】がおすすめする、ジェフリーバワプランはこちら

【株式会社リオンロイヤル ライオンツアー】
東京都3-5040 日本旅行業協会(JATA)正会員

TEL.03-3838-8945

【営業時間】9:00〜18:00 【定休】日祝

  • 無料お見積り
  • メールで問い合わせ