よくある質問
安心で快適な旅をお届けするために。
どれだけ旅行に慣れている人でも、わからないことはあるもの。そこで、お客様が心から楽しめる旅行にするために、よく寄せられるご質問にQ&A方式で回答いたしました。ぜひご出発の前にご確認いただき、不安を払拭した上で、忘れられない最高の旅を始めましょう。

お申し込み・予約について

専用車・ガイドについて

ツーリストカーについて

ホテルについて

その他

持ち物について

マイナーな観光地について


お申し込み・予約について

行きたい場所はあるのですが、どのような順番で回ればいいのかわかりません…。
LIONROYAL・ライオンツアーでは、どの場所にどの順番で回ればいいのかご不明なお客様のために、オリジナルのプランをご提案しています。行きたい場所を教えていただければ、現地に詳しいスタッフが無駄なく効率的に観光できるプランを立案させていただき、お見積りも算出いたします。
いつまでに申し込めばよいでしょうか?
ご出発をお考えの45営業日前までにお申し込みいただけるとスムーズです。もちろん、航空券・ホテルの空き状況次第ではご出発の直前までご予約を受け付けておりますので、お気軽にご予約ください。なお、ご出発間際のご予約を検討されていらっしゃる方は、事前にパスポートの残存期間をご確認ください。ただ、スリランカやインドは入国にVISAが必要です。手続きに時間がかかることもありますので、ご旅行のご予約はお早めに済まされることをおすすめします。
VISAの取得手続きがよくわかりません…。
ご旅行先によっては必要となるVISA(査証)の取得方法がご不明の場合は、お気軽にご相談ください。
なお、LIONROYAL・ライオンツアーでは、VISAの取得申請を代行するサービスも行っております。申請代行の際は、お客様のパスポートのコピー・お伺い書が必要です。まずはお問い合わせください。
申し込んだ後ですが、出発日や旅行日数を変更したい!
お申し込みの後に変更が生じた際は、すぐにご連絡ください。取消料対象日に入る前や変更後の内容に空きがある場合でしたら、変更を受け付けることが可能です。ただ、取消料対象日に入ってからの変更になると、キャンセル料をいただくこともあります。まずはご相談いただきますようお願いいたします。

専用車・ガイドについて

どのような専用車を手配できるのか教えてください。
LIONROYAL・ライオンツアーでは、専用車を下記の4パターンでご案内しております。

<日本語ガイド付き>
日本語での国家資格のガイドライセンスを所有する者と運転手の2名を手配します。
遺跡、歴史、文化の詳しい説明を日本語でご希望される方は日本語ガイド付きがおすすめです。

<日本語ドライバーのみ>
日本で暮らしていた経験のある、日本語の話せる運転手です。ガイドライセンスは所持していないので、観光地での案内はできず、基本は運転のみとなります。

<英語ドライバー兼ガイド>
英語での国家資格のガイドライセンスを所有している者が運転をします。英語で観光地を案内する資格は持っていますが、シギリヤロックなど駐車場とエントランスが離れている場合は同行するのがむずかしいため、お客様だけで観光していただくことになります。ガイドと共に観光したい場合は事前にご相談ください。

<英語ドライバーのみ>
英語が話せる運転手のみを手配します。

お客様の旅のスタイルに合わせて専用車のタイプをお選びください。
専用車のガイドと接するにあたって、何かポイントはありますか?
一般的にスリランカの人々は、素朴で人懐こく、初対面でも大変フレンドリーです。ただ、英語ドライバー兼ガイドや英語ドライバーの場合は、通常欧米人の観光客と接します。そのため、サービスがお気に召さないときは「YES」「NO」をはっきりと意思表示していただくと、楽しいご旅行になると思います。
また、日本語ドライバーの場合、日本での滞在経験があるため、お客様のご希望をよく理解してくれます。その分、日本語では面と向かって「NO」とは言いにくいかもしれませんが、基本的に文化の異なる人々ですので、細かいことでもご遠慮なさらずにはっきりとご希望をお伝えください。
空港到着時にガイドやドライバーとちゃんと会えるか心配です…。
空港の出口で、お客様のお名前を書いた紙を持ってお待ちしておりますので、すぐに見つかるかと思います。
LIONROYAL・ライオンツアーでは、ご出発前に担当ガイドやドライバーの名前と携帯番号をご案内しております。今まで迎えに来なかったなどのトラブルはありませんが、万が一探しても見当たらない場合はご案内した携帯番号または緊急連絡先にご連絡ください。
料金にガイドやドライバーの食事、宿泊費などは含まれていますか?
基本プランには、すべて含まれています。しかし、ツーリストカーのみのご利用で、お客様自身で予約したホテルがドライバー用の宿泊施設のないホテルですと、現地にて別途15~20USドルのドライバーの宿泊費が必要になる場合があります。もし、お客様ご自身でご予約された宿泊施設を事前にお知らせいただけるのなら、ドライバー用の宿泊施設があるかどうかを確認し、宿泊費用が別途必要であればお見積りの際にご案内いたします。
ガイドやドライバーと一緒に食事をしてもいいですか?
LIONROYAL・ライオンツアーでは、基本的にガイド・ドライバーはお客様とは別のテーブルで食事をするように指導しています。もし「ガイドさんと一緒におしゃべりをしながら食事をしたい」というご希望がありましたら、ガイドも同席させていただくことは可能です。ただ、スリランカでは割り勘の習慣がありませんので、その際にガイドが注文した飲み物代もお支払いいただくことになります。あらかじめご了承ください。
ガイド・ドライバーの拘束時間は決まっていますか?
基本的にガイドやドライバーが対応するのは、ホテルへのお迎えからホテル到着までです。ガイド付きの場合は、チェックインのお手伝いやお部屋に問題がないかなども確認いたします。ただ、それ以外の時間でも何か問題がございましたら、ガイドやドライバーの携帯電話にご連絡ください。いつでも対応させていただきます。
ガイドやドライバーに渡すチップの相場やタイミングを教えてください。
チップは、最終日にお別れする際にまとめてお渡しください。目安としては、日本語ガイドは1日1,000~1,300ルピー×日数、ドライバーは800~1,000ルピー×日数です。あくまでも心付けですので、サービスへのご満足度に応じてご負担にならない範囲でご検討いただいて問題ありません。
女性の一人旅なので、できれば女性の方にガイドをお願いしたいのですが…。
フリーランスの女性ガイドをリクエストすることも可能です。しかし、男性ガイドに比べると人数がかなり少ないため、手配ができない日もあります。また、女性ガイドは若くて経験が少ない方がほとんどです。そのため、当社では、経験豊富な男性ガイドをおすすめしています。

ツーリストカーについて

アヌラーダプラ駅からキャンディまでの送迎のみお願いしたいのですが…。
もちろん、送迎のみの手配も可能です。しかし、ツーリストカーはコロンボ発着の距離+ご利用日数で計算します。たとえ、ご利用区間がアヌラーダプラからキャンディまででも、お見積り金額はコロンボ~アヌラーダプラ~キャンディ~コロンボの距離で計算され、割高になってしまいますので、ご注意ください。
現地で、行先を追加したり寄り道をしてもらったりすることは可能ですか?
専用車をチャーターするので、もちろん大丈夫です。LIONROYAL・ライオンツアーでは、お見積りの際に算出した距離で料金をご案内しているため、現地で追加した距離の代金は現地精算でお願いします。追加マイル分の精算費用は、1kmにつき35ルピーです(2014年4月時点)。現地で行先を追加したい場合は、ドライバーにどれくらい追加費用が発生するのかご確認ください。
深夜にコロンボ空港に到着するのですが、シギリヤまでの送迎をお願いできますか?
手配は可能ですが、シギリヤ近辺は外灯がなく、暗い悪路に野生のゾウが道路に出てくるなどの危険もあります。また、ドライバーの長時間運転は事故につながりかねません。当社では安全を最優先に考えているので、極力空港近くで1泊してから翌朝出発されることをおすすめしております。それでもご希望される場合はご相談ください。
ツーリストカーのみの予約をする場合、何が必要でしょうか?
ご参加される方のパスポートネームのスペル、ご予約されている航空券の往復の便名、ご予約されたホテル名、英語ドライバーまたは日本語ドライバーのご希望をお伺いしています。

ホテルについて

ホテルのみを手配してほしいのですが、ホテルの予約サイトより安くなりますか?
当社直営のホテルなどであれば、お安くご案内できます。しかし、一般的なホテルの場合、空室が多い状況になると、ホテル側がインターネットでキャンペーン料金を出すときがあります。一見安く感じられても、TAXやサービス税、その他追加料金が現地で請求されるケースがありますので、ご注意ください。実際に年末にご自身で予約サイトを通じてホテルをご予約された方で、インターネットの提示料金にはシーズン追加料金やガラディナー代が含まれておらず、チェックインの際に高額な金額を請求されてトラブルになった方もいらっしゃいます。
安く旅行したいので、ゲストハウスを手配してくれますか?
当社では、ツアー代金を抑えたいお客様のために、コロンボにおすすめできるゲストハウスを数件ご用意しています。ただし、多くのゲストハウスは施設やサービスが整っておらず、ドライバー用の宿泊施設もありません。その場合、別途15~20USドル程度のドライバーの宿泊費が必要です。
いくら安いゲストハウスでも、ドライバーの宿泊費を含めばスタンダードホテルと料金がさほど変わらないため、当社ではスタンダードホテルをおすすめしています。
小学生と幼児の子ども2人を含む家族旅行で4名1室を利用できますか?
スリランカでは、幼児の方は添い寝という形でトリプルのご利用予約を入れることは可能です。しかし、一般的にモルディブでは、一部のリゾートを除き、1室の宿泊人数が決められているので、2室またはファミリーヴィラをご利用いただく形になります。

その他

スリランカ旅行のベストシーズンを教えてください。
スリランカは、4月~10月が雨季、11月~3月が乾季ですが、一年を通してご旅行は可能です。特に避けなければならない時期はございません。しかし、ビーチリゾートに行かれる場合、4月~10月は東海岸が、11月~3月は南西海岸がシーズンとなっています。シーズンオフのビーチはモンスーンの影響で波が高いので、ご注意ください。雨量は4月と10月が比較的に多くなっています。4月は夕方になると大気が不安定になり、急な夕立や雷がある日も多いのでお気を付けください。
通常は雨季でも1日2時間ほどのスコールがある以外は晴れるケースが多いのですが、日本の梅雨のように曇りや雨の日が続く場合もあります。また、稀に山間部などで雨季・乾季を問わず洪水が発生するときもあります。
スリランカのポーヤデーで気を付けることはありますか?
満月の日の祝日であるポーヤデーでは、一般的にはアルコールは禁止です(ホテル内では大丈夫です)。また、ショッピングモールなどのお店や博物館などがお休みまたは営業時間を短縮している場合がありますので、ご注意ください。お寺には多くの現地の方が参拝に訪れるので、通常より混み合っていますが、提灯が綺麗に飾り付けられていて雰囲気を楽しむことができます。当サイトでも祝日のご日程をご案内していますので、ご旅行の前にポーヤデーがないかどうか事前にご確認ください。
両替はどこで、いくらぐらい行えばいいですか?
コロンボ空港で日本円をスリランカルピーに両替できます。ホテルではレートが悪く街中の銀行も混み合っているので、空港で両替した後はクレジットカードを使って所持金を調整してください。なお、スリランカではチップの習慣がありますので、少額の小銭も両替時にご準備されると便利です。 両替金額の目安は、宝石などの高いお土産・アーユルヴェーダなどのオプショナル費用・ホテルの精算をクレジットカードでお支払いになり、現地6泊の全食事・観光付きのプランであれば、おひとりあたり約15,000円~25,000円です。
チップの相場を教えてください。
下記はチップの目安の金額です。チップはあくまでも心付け。サービスへのご満足度に応じて、ご負担にならない範囲でご検討ください。

ゾウ使いやアーユルヴェーダセラピスト:500~700ルピー
ホテルポーターや空港ポーター:500ルピー
ホテルのベッドメーキングスタッフ:200~300ルピー
サファリガイド:1,000ルピー
サファリドライバー:500~800ルピー
レストランでの飲食:きりがいい少し多めの額で精算して、おつりをチップに
日本語ガイド:1日1,000~1,300ルピー×日数
ドライバー:800~1,000ルピー×日数
子連れでスリランカに行きたいのですが、少し心配で…。
日本語ガイド付きのプランをお選びいただくと、お子様も日本語で何でも相談でき、異国でも安心できるのでおすすめです。お子様のお食事に関しては、ビュッフェの中にある辛いお料理はなるべく避けて、お子様が食べられそうなものだけをチョイスしましょう。また、日本からふりかけやインスタントのお味噌汁、カップ麺、せんべいといったお菓子などを多めにご準備ください。なお、ご旅行中は無理のないように余裕のある日程にして、熱中症予防のために小まめに水分を取りましょう。お子様の風邪薬、下痢止め、酔い止め、熱冷却シート、体温計、虫刺され薬は、必ずご用意ください。万が一ご病気になられた際は、日程を変更したり近くの病院にご案内したりしますので、ご安心ください。

持ち物について

仏教寺院や遺跡を観光するにあたって注意点はありますか?
仏教寺院では、肌の露出の少ない恰好が基本なので、タンクトップや短パンでの観光は避けることをおすすめします。特に女性の方は肩やひざの出る服装は避けるか、ストールなど覆うものをお持ちください。できれば白い服が好まれます。男性で短パンを着用されときは、現地の男性が腰に巻く「サロン」という民族柄の布を購入して、観光時のみ布を巻くというスタイルもおすすめです。サロンは現地で安く買えるので、きっといいお土産になると思います。また、いくつかの観光地では靴を脱ぐ場所もあります。履き古した靴下をご持参されると足元の暑さが和らぐので、ご持参されると便利です。また、汚れた足を拭くのに、ウェットティッシュをお持ちになるのもおすすめです。
アーユルヴェーダを体験するのに、何か必要な持ち物はありますか?
アーユルヴェーダはオイルトリートメントが中心になるので、使い捨てのショーツと移動の際に腰に巻くサロン(布など)をお持ちいただくと便利です。また、携帯電話や電化製品は施術の妨げになると考えられております。本格的な施術を受けられるホテルだと携帯電話の使用ができない場合があるので、ホテル選びの際はご注意ください。
服装はどのようなものを準備すればいいでしょうか?
スリランカは常夏の国なので、基本は夏服です。しかし、飛行機の機内やレストランでは空調が利いているので、薄手の長袖をお持ちいただくと安心です。また、行かれる地域によって、快適な服装も異なってきます。ご旅行の際は下記を参考にしてください。

<サファリ観光に行かれる方>
蚊が多いので、長袖と長ズボンが必要。自然に近い色がおすすめです。日差しが強いため、サングラス・水・帽子(風で飛ばないタイプが便利)も持参しましょう。

<ヌワラエリヤなどの高原地帯に行かれる方>
気温が10℃台まで下がることがあるので、フリースなどの厚手の上着をお持ちください。

<ヌワラエリヤのHILL CLUBご宿泊予定の方>
ホテル内にフォーマルでないと入場できないレストランがございます。女性はサマードレス、男性はカジュアルではない襟付きシャツと長ズボンをご着用ください。

<シンハラージャ森林保護区に行かれる方>
長袖と長ズボン、ジャンパー、レインコート、トレッキングシューズをお持ちください。

<スリパーダ登山をご予定されている方>
頂上で日の出を待っている時間帯は、気温が10~15℃まで下がる場合があります。セーターやフリースなどを持って行きましょう。
必要な持ち物リストがあれば、ぜひ教えてください。
下記に必要と思われる物、あると便利な物をまとめさせていただきましたので、ご参照ください。

<MUSTグッズ>
パスポ-ト、航空券(E-TICKET)、VISA控え、海外旅行保険証(保険をお申し込みの方)、現金、洋服、下着、パジャマ、洗面用具、化粧品、薬(風邪薬、整腸剤、常備薬、熱冷却シート、虫刺され薬)、サンダル、晴雨兼用折り畳み傘、ビニール袋、日焼け止め、水着、カメラやビデオ(充電器または電池も)、お手拭きタオル、ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、筆記道具、マルチプラグ・変圧器(日本の電気製品をスリランカでご使用になられる方)

<便利グッズ>
帽子、サングラス、ドライヤー、虫よけ(スプレー缶でないもの)、電卓、ストール、ガイドブック、日本食(インスタントみそ汁、ふりかけ、せんべい、インスタントラーメン)、履き古した靴下、パスポート・航空券(E-TICKET)のコピー

マイナーな観光地について

スリパーダの登山観光について詳しく教えてください。
スリパーダの観光は、夜に登山を開始して頂上で日の出を見た後に下山するという行程でツアーに組み込まれているケースが一般的です。まず、スリパーダ近郊またはヌワラエリヤのホテルにチェックインし、夜までホテルで休息。夜の20時~22時にホテルを出発して、21時~23時ごろから登山開始です。頂上までは、途中休憩しながら4~5時間ほど。早朝5時からのご来光を待ちます。その間はかなり冷えるので、必ずフリースなどの上着をご持参ください。日の出を見た後下山して、ホテルに戻ります。その日は同じホテルでさらに1泊し、ゆっくり休息されることをおすすめします。スリパーダ登山観光をご検討されている方は、現地で2泊連泊するなど、ゆとりある日程をご計画ください。
東海岸のパッセクダーとトリンコマリー方面(ニラヴェリ)のビーチの違いを教えてください。
パッセクダーはビーチの長さが世界でも最大規模になり、遠浅のビーチが沖まで続きます。ニラヴェリは1kmほどの長さのビーチですが、波は穏やかでピジョンアイランド周辺は透明度も高く、シュノーケリングに適しています。また、両方にスキューバダイビングのショップがあり、プライベート感を重視するならパッセクダー、アクティビティを重視するならニラヴェリがおすすめです。
ジャフナの様子を教えてください。
ヘリツアーズやフィッツエアーなど国内線の就航で、以前に比べるとアクセスはよくなりましたが、観光開発が発展途上という状況です。ホテルはほかの地域に比べてインフラの整備が遅れているため、外国人が快適に過ごせるホテルは数件です。NGO関係の方以外、外国人はほとんどいません。観光地の整備もあまり進んでおらず、中には入場料無料のスポットもあります。それでも、仏教やヒンドゥー教の歴史ある寺院やオランダ統治時代の建築、美しいビーチなど、見所は満載です。近い将来には、スリランカのメジャーな観光スポットのひとつになるでしょう。
ウミガメの産卵が見られる可能性のある場所はどの辺りですか?
南西海岸の南にあるタンガッラから7kmほど離れたREKAWAというビーチです。ウミガメの産卵を見る場合は、タンガッラ付近にご宿泊いただき、夜から深夜にかけてビーチでウミガメが来るのを待ちます。満月の日には高い確率で産卵を見られると言われていますが、見ることのできない日もありますのでご了承ください。

【株式会社リオンロイヤル ライオンツアー】
東京都3-5040 日本旅行業協会(JATA)正会員

TEL.03-3838-8945

【営業時間】9:00〜18:00 【定休】日祝

  • 無料お見積り
  • メールで問い合わせ