スリランカ
  • 人気のスリランカ特集
  • アーユルヴェーダ
  • サファリ
  • ジェフリーバワ
  • 世界遺産
  • 紅茶
世界遺産
言葉にできない圧倒的な感動。エキゾチックな魅惑に、誰もが虜になる。

北海道の約8割という小さな国のスリランカには、8つもの世界遺産が存在します。
古代都市や雄大な自然、伝統ある寺院など、どの世界遺産にも魅力があふれています。
百聞は一見に如かずという言葉の通り、ぜひ実際に訪れてその魅力に触れてみてください。

あらゆる場所に6つの文化遺産と2つの自然遺産が点在している、スリランカ。特に5つの世界遺産が集まる内陸部のエリアは、「文化三角地帯」と呼ばれています。スリランカの世界遺産は距離的にコンパクトにまとまっているので、約1週間も滞在すればすべての世界遺産を訪れることも可能です。

アヌラーダプラ シギリヤ ダンブッラ ポロンナルワ キャンディ シンハラージャ ゴール 中央高原地帯 地図

アヌラーダプラ

世界文化遺産登録1982年

約2,500年前のスリランカ最古の仏教都市。

ルワンウェリ・サーヤ大塔

アヌラーダプラは、1,400年もの間、政治や仏教の中心として栄えた最古の都市です。ここからスリランカ全土に仏教が広まったと言われ、仏陀が悟りを開いたという由来のある菩提樹の分け木は記録上世界最古の木とされています。

また、通称「ロック・テンプル」とも言われる、天然の岩で作られたイスルムニヤ精舎の内部には、横たわる大仏を見ることができます。さらに、遺跡区中心にあるルワンウェリ・サーヤ大塔は、世界三大煉瓦建築のひとつ。約70mにも及ぶ大きな塔も必見です。

ワンポイントアドバイス

スリランカでは聖域となっている場所は、脱帽、裸足、肌をあまり出さない服装が基本となっています。炎天下の地面は非常に暑いので、履き古した靴下や機内アメニティの靴下が大変重宝します。短パンでも現地でサロン(民族的な布)を購入して腰に巻いて露出を抑えるのもオススメです。アヌラーダプラにご宿泊の方は「ルワンウェリ・サーヤ」には夕方の時間に訪れるのもいいですよ。サンセット~夜のライトアップは幻想的で、日中の暑さを避けて夕方にお参りに来る地元の人々のお祈りの雰囲気に信仰心の深さが感じられるでしょう。

シギリヤ

世界文化遺産登録1982年

ジャングルの中にそびえる、代表的な名所。

シギリヤ

巨大な岩山を中心とした幻の王宮跡・シギリヤ。約200mもの岩山を登った頂上には、5世紀後半にカーシャパ王によって建てられた王宮が残っています。まるで空中に浮いているような王宮は、天空都市そのもの。頂上から見渡す広大で荘厳な景色は一見の価値があります。

そのほかに、中腹の岩肌にあるフレスコ画「シギリヤ・レディ」も非常に有名です。当時の女性たちの姿が今も色鮮やかに描かれています。急な斜面を登っていくので、登山の際はぜひ動きやすい恰好で!

ワンポイントアドバイス

歩きやすい運動靴、帽子、飲み水はマストアイテムです。帽子は飛ばされない様にゴムをつけておきましょう。また、炎天下の11:00-15:00の時間帯を避けるのもオススメです。小さいお子様やご高齢の方は登山サポーターを現地で頼むことも可能です。同じく、ドライバーのみの専用車の方もスポットガイドを手配することも可能ですが、現地で何か手配する際は必ず料金を交渉してから依頼する様に注意しましょう。また、近年、シギリヤロック山頂付近でススメバチの被害も報告されていますので、事前にガイド/ドライバーに状況を確認するのも安心して観光できるポイントとなります。

ポロンナルワ

世界文化遺産登録1982年

世界で最も美しいと言われている彫刻遺跡。

10世紀末に築かれた第二の都市・ポロンナルワは、文化三角地帯の最も東にある大遺跡群の拠点。かつて壮大な仏教都市だった同地には、岩肌を利用して作られた14mもの巨大な涅槃像や石立像、座仏、蓮の花の形をした沐浴場など、多くの遺跡が今も残っています。

特に、大傑作と名高い4つの石像「ガル・ヴィハーラ」は一見の価値あり!現地に訪れた際は、その姿や表情の違いをぜひ見比べてみてください。世界で最も美しい彫刻遺跡と言われる所以がおわかりいただけることでしょう。

ワンポイントアドバイス

ポロンナルワは広いので、「しっかりゆっくり見たい!」「必見箇所のみ見たい!」と観光に個人差が出るところなので、事前にガイドと観光時間を相談するのが楽しめるポイントです。オススメは、当時の仏教芸術の最高傑作と言われている石に描かれた彫刻をズームで撮ってみることです。当時の細やかで高度な技術に時空を超えて思いを寄せることができるでしょう。また、仏教遺跡を背景に一緒に写真を取りたい場合は、ブッダにお尻を向けてはいけないという配慮から、斜め向きまたは振り返りの立ち位置で撮る様に注意しましょう。

ダンブッラ

世界文化遺産登録1991年

聖なる水が滴る、スリランカ最大の石窟寺。

ダンブッラは、岩山の頂上にある、自然の洞窟を利用した石窟寺です。紀元前一世紀ごろに王が追放されたときにこの洞窟に身を隠し、後に王権を奪還したことから感謝の気持ちを込めて寺院を建立したと言われています。

このスリランカで最大の規模を誇る寺院は5つの石窟から成り、中には多数の仏像や壁画が存在します。「ダンブッラ:水の湧き出る岩」という意味の通り、第2洞窟の天井からは聖なる水が滴り落ちており、今でも重要な儀式の際に使用されているそうです。

ワンポイントアドバイス

まず、長い階段を登るので、なるべくシギリヤロック観光と同じ日程で組むのは避けた方がいいと思います。(両方同じ日に行くとかなり疲れます。)山頂で有料で靴を預けて石窟寺院の中に入りますが、靴を受け取りの際に25-30ルピー程の小銭が必要となりますので、事前に準備されますとスムーズです。2000年以上の歴史を持つ石窟寺院の中には荘厳な壁画や仏像群に圧倒されます。第1-5窟のブッダの表情の違いなど仏教の奥深さを感じられますよ。

キャンディ

世界文化遺産登録1988年

仏陀の歯を祀る寺院がある、最後の王朝都市。

キャンディ

文化三角地帯の最南に存在するキャンディ。シンハラ王朝最後の都として、1815年にイギリスに統治されるまで約300年にわたって繁栄していました。同地では、毎年夏にスリランカ最大の祭事「エサラ・ペラヘラ祭」も開催されます。

さらに、夕方に開催されている「キャンディアンダンス」も異国情緒溢れる雰囲気を十分に楽しめます。軽快な太鼓のリズムに伝統の竹笛の音色、煌びやかな衣装に迫力ある男性ダンサー踊りからストーリーを演じたしなやかな女性ダンサーの舞に魅了されることでしょう。

ワンポイントアドバイス

仏歯寺には1日3回行われる「プージャ」という礼拝の時間に訪れると、ラッパや太鼓などの音楽に異国情緒を感じ、仏歯が納められた部屋の扉が開き黄金の容器が見られます。もちろん、この礼拝の時間を狙って仏歯寺観光をされることをオススメしておりますが、近年観光客が増え、地元の人々と観光客で、お寺の中は大混雑。特にポーヤデー(満月の祝日)はさらに地元の人々が多くなり、なかなか前に進みません。本堂内の天井や壁、柱に描かれている精巧な模様等をゆっくりご覧になられたい方、時間に余裕のない方はプージャ以外の時間に行かれた方がいいですよ。

中央高原地帯

世界自然遺産登録2010年

高原から望む大自然は、まさに圧巻の絶景。

ピーク・ワイルダーネス保護区、ホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林の3つのエリアから成る中央高原地帯では、カオムラサキラングール、ホートンプレインズホソロリス、スリランカヒョウなどの絶滅危惧種を含む動植物が生息しています。特にホートン・プレインズ国立公園は草地が広がる標高2,000mの高原で、手付かずの大自然に心奪われる場所です。

ホートン・プレインズ国立公園内には、1,000m以上の高さから直角に切り落ちている断崖絶壁「ワールド・エンド」があり、霧に覆われた高原からワールド・エンドに到達したときの展望は圧巻です。そのほかにも雄大に流れる滝「ベイカーズフォール」など、世界遺産に登録された大自然を満喫しましょう!

ワンポイントアドバイス

11:00以降は霧が出やすいので、早朝ー10:00頃に観光する様に日程を組むのがオススメです。服装は、南国ですがかなり涼しくなりますので、フリーズ、長ズボン トレッキング用運動靴をは必需品です。国立公園入口では荷物検査があり、持ち込めるものは厳しいチェックが入りますので予めガイド/ドライバーに確認した方がいいでしょう。また、入場は基本は3時間までで、超えると延長料金がかかりますので、時間も確認しながらトレッキングをお楽しみ下さい。

シンハラージャ

世界自然遺産登録1988年

多くの固有種が生息する、手つかずの自然。

「ライオンの王」という意味のあるシンハラージャは、全く人の手が入っていない広大な森林保護区です。面積およそ8.8平方キロメートルを誇る同区内には、哺乳類や鳥類、魚類、両生類など、約84種類もの様々な固有種が生息しています。

宿泊施設もあるためトレッキングなどでめずらしい動植物たちを見に行くこともできますが、保護区に入る際は事前に手続きが必要です。また、専属の公園ガイドが必須で案内してくれるので、安心して熱帯雨林のジャングルを楽しめますよ!

ワンポイントアドバイス

熱帯雨林の森に生息する動物、鳥、昆虫、植物を見つけながらのトレッキングです。 あまり肌の露出がない様、足首、手首等に虫が入る隙間を作らない様に気を付けて観光しましょう。装備にも心がけましょう。また、比較的雨が多いので、レインコートなどの雨具も必需品です。しっかりとした装備で、ジャングルに棲むの生き物達、熱帯雨林の森の世界をご堪能下さい。

ゴール

世界文化遺産登録1988年

広がるのは、異国情緒あふれる美しい街並み。

ゴール旧市街

ゴールは、古くから港町として栄えた南部最大の街です。16世紀末にシナモン貿易を求めたポルトガル人が築いた最初の砦を、オランダ人が拡張して街を形成。そして、イギリス植民地時代には支配拠点としての位置を占め、城塞都市として完成しました。

インド洋を見下ろす城塞や時計台、白いモスク、石畳の小道、コロニアル調の邸宅など、旧市街地には今も植民地時代の趣が残っています。どこを歩いても独特の雰囲気のある風景は、女性誌にも取り上げられるほどの人気を集めています。

ワンポイントアドバイス

旧市街は何と言っても街歩きがオススメ。異国情緒あふれるコロニアル調の建物、教会、時計台、灯台は南ヨーロッパの古い街並みを思わせる、どこを撮っても絵になりフォトジェニックな街です。特に、夕暮れ時のサンセットは、城壁の上を散歩しながら時計台辺りでノスタリジックな雰囲気に浸ってみるのもいいですよ。また、雑貨店、カフェ、南国ファッションの店、地元レース編みの店、バティック店など女子には見逃せないお買い物スポットでもあります。

【ライオンツアー・株式会社リオンロイヤル】がおすすめする、世界遺産プランはこちら

【株式会社リオンロイヤル ライオンツアー】
東京都3-5040 日本旅行業協会(JATA)正会員

TEL.03-3838-8945

【営業時間】9:00〜18:00 【定休】日祝

  • 無料お見積り
  • メールで問い合わせ